インプラント

インプラント治療の問題点を皆さん、入念に調べたと

インプラント治療の問題点を皆さん、入念に調べたと思います。問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるという話があったのではないでしょうか。

それは気にしないでください。



MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。
当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。ところが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているので金属ですが、磁気には反応しません。検査で問題になることはまずありません。

忘れてはいけないインプラントのメリットとして仮歯が入れば、義歯だと気づかれることは本当に少ないという点です。あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目も義歯に見えない自然さでこの歯はインプラントだと自分でいわなければ義歯を入れたと気づかれることはいちいち考えなくて良くなります。



義歯だと思われたくない方にはこの治療が一番ふさわしいでしょう。どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、ブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な患者さんに最適な治療方法になります。
抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。



噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどで必然的にインプラント治療になるという患者さんに適用されるのが普通です。

インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、歯根がある分だけ噛み心地は自然で、噛み応えがある分だけ、食事も美味しく感じられます。

歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、インプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。



それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。見た目の問題を考えるとインプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が良いと言えます。



ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるという覚悟もしなければなりません。希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えずレントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。
でも、断った理由として「あごの骨の強度や厚さが十分でない」だの「あごの骨の幅が足りない」ということならば治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。
最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかれば以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも治療できるところが増えてきました。


現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で探すことが必要です。
どうにも入れ歯がしっくりこない、もしくは入れ歯の見た目を気にする方にもインプラント治療がすすめられるでしょう。

チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、それから人工歯をつける治療で、ほぼ全て自費診療になるため高くつきますが、見た目は入れ歯よりも自然な感じで噛んだ感じも自分の歯に近くなります。

見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を重視する方には最適です。



歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは歯がまるごと抜けてしまった後で、代わりにあごの骨に埋め込んだ人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。

ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば人工歯根を骨に埋め込むことによって違和感が比較的少なく、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。ただし、インプラント治療は完全に保険適用外なので保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。


高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、治療後のメンテナンス次第で自分の歯と同じくらい保たせることが可能というのが多くの意見です。


そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって長期にわたって維持できますが、ひとたびケアを怠ればすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうと思ってください。

歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はどれだけ痛いだろうと心配になると思います。



今では、どこで手術を受けても強い痛みを感じることはないと思ってください。麻酔の効き方を確認しながら本格的に手術を始めるためです。



麻酔が切れた後で、腫れてきたり痛みを感じることもあります。

痛みに備えて、頓服薬を処方されるので痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。インプラントは人工歯なので永久に虫歯から免れますが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。
せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせないわけで、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスはどこまでも続きます。けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすればインプラント周囲炎を疑ってください。

放置すると炎症が広がるので即刻診断を受ける必要があります。

インプラント治療のほとんどが全部自費治療で

インプラント治療のほとんどが全部自費治療ですから、費用を払いきれるかどうか心配になる方もかなりいるようです。

それでも、クレジットカードが使えるところや、例えば、デンタルローンと呼ばれるような信販会社のローン商品を使える歯科医院が増え、柔軟な対応ができるようになっています。

治療開始時に費用を全て現金で用意できなくても、受けたい治療を受けることが実現できるようになりました。
他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響は無視できないものがあります。インプラント治療は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復がその後の治療に関わる重要な問題です。

組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などは確実にマイナスの作用があります。インプラント治療の成功を願うなら、治療を受けている間はつらくても禁煙するのが正解です。


インプラント手術の未経験者にとって術中の痛みが怖いと思います。



インプラント埋入手術を受けても、耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。
麻酔が効いたことを確認した上で埋入手術を始めるためです。
麻酔が切れた後で、腫れてきたり痛みが出てくるケースもありますが、頓服の痛み止めが処方されるため痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。インプラントの技術が確立されてきた現在では、歯科医の技量も上がり、インプラント手術の失敗はほぼなくなりましたが、それも皆無とはいきません。



人工歯根とその上の義歯の接続が不十分で、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうというケースも稀に報告されています。
こうしたトラブルは、担当歯科医がインプラントに習熟していないことに起因することが多いといえます。なるべくなら、インプラントを専門としている歯科で治療を受けるようにしましょう。入れ歯で食べることに抵抗がある、また、入れ歯にすること自体が嫌だという方にとって適用されるのがインプラント治療です。



外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらに人工歯をつける治療で、費用がかかることは確かですが入れ歯よりも見た目の自然さに優り、噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。



義歯でも、見た目や使用感を追い求めるならば、インプラント治療を選ぶべきです。
長い期間と費用をかけたインプラント治療は、治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、不断のケアが求められます。


毎日、しっかりブラッシングすることでいわゆるプラークコントロールを完璧に行い、歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらうことが欠かせません。インプラントは虫歯にならないとはいえ、ケアが行き届かなくなると歯周炎などの可能性があります。



インプラントに関する情報は多く出回っていますが、利用を検討するにあたり、手術後に腫れてくるのではないかと心配する人もいるでしょう。
それは、治療を行う歯科医の腕や、治療後の口内ケアの良しあしや、その時の体調にもよりますから、どうなると言い切ることはできず、人と状況によりけりなのです。
歯科で出してもらった痛み止めを飲んで、腫れたところを冷やせば治ることもありますが、痛みが引かない場合や、痛みが強すぎる場合などは、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。

代表的なインプラント適用のケースは、周辺の歯に関係なく治療したいといったケースです。ブリッジ治療で考えると、両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があるという要望がある場合、インプラント治療を優先して良いでしょう。
人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、埋入手術後はどの患者さんも違和感を感じるといわれています。数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので違和感を感じてもくれぐれも触らないよう我慢あるのみです。ただし、術後十日以上経ってもしっくりこないと感じる場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、早急に適切な対応をしなくてはなりません。

我慢しなくて良いので、歯科医の診療を受けましょう。一口にインプラント治療といっても、3つのハードルを越えなければなりません。最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるというプロセスをたどります。
この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、あごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。

多くのメリットを知られるインプラント治療。でも

多くのメリットを知られるインプラント治療。でも、それと裏腹のデメリットもあります。まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。難しいケースでは数十万円かかることもあり得ます。


また、治療の失敗内容によっては障害が残るような健康被害も起こりうる危険性も承知しておいてください。障害を負うにとどまらず、治療が原因で死亡することも過去にはありました。



インプラント治療の問題点を様々な情報ツールで調べたと思いますが、その情報に、インプラントを埋め込んだ後は、頭部のMRI検査を受けられないといった口コミがあったかもしれません。


それは気にしないでください。

MRI検査の画像は、磁気を当てたときの身体各部の反応なので金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なので磁気に反応しない性質を持っていて検査で問題になることはまずありません。いろいろな事情からインプラント治療を始めるでしょうが、治療費は総額でいくらか、深刻な問題だと思います。ちょっと調べればわかりますが、治療費は歯科医院それぞれで相当な開きがあります。この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため費用を自由に決められるのが建前です。

大まかな相場はありますので、心配しないでください。


インプラント一本の場合、安くて30万円ほど、高ければ50万円ほどが一般的な相場とみて良いでしょう。
歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の歯根からあごの骨に埋め込んだ人工歯のことです。従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、歯根からあごの骨に埋め込んでいるので噛んだときの感じも自分の歯に近く、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。


インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。



いわゆる困難な症例で、真にインプラント専門の歯科医に出会おうとすれば、どこの国までも治療を受けに行くということも考えていきましょう。

北欧諸国はインプラント先進国といわれ、その技術を取り入れるために全世界から歯科医が集まっています。一生使える第二の歯を求めて、決してあきらめてはいけません。可能な限りの情報を集めることが夢をかなえるためには大事です。インプラント治療のほとんどが全部自費治療ですから、費用面で、治療を躊躇する方も決して少なくありません。



クレジットカード利用ができる歯科医院や、デンタルローンなどの名称で信販会社のローン商品を使える便利な歯科医院も多くなってきました。
治療開始時に費用を全て現金で用意できなくても、インプラント治療の開始はあきらめなくて良くなりました。歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。

虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部を支えとして残すことができれば自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。しかし、根から抜いた場合はまず考えられるのは入れ歯ですが、その他にあごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込むインプラント治療を選ぶこともできます。


「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。



差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。つまり、自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。



なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、利用することは不可能です。
それに対して、インプラントというのは、あごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。



原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。


ご存じの通り、インプラント治療は普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。確定申告することではじめて、医療費控除の対象になり税金の還付を申告します。
確定申告で忘れてはならないのは歯科医を利用したときに必ずもらう領収書がお金を払った証明になるので絶対再発行されないと肝に銘じておき、暦年で申告することになるので、保管しておいてください。



インプラントは人工歯なので永久に虫歯から免れますが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。インプラント治療は、治療そのものよりその後のケアが重要で、インプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングは手を抜くことができません。ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があれば歯周病の一種、インプラント周囲炎かもしれません。
自然に治ることはありませんので、早急に診察を受けましょう。

http://neyagawa-implant.xyz/

PAGE TOP

Copyright (C) 2014 歯っはは! All Rights Reserved.